出入国在留管理庁は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、在留期間が満了するにもかかわらず帰国が難しいなどの事情を抱える外国人技能実習生らに対し、継続して日本に在留できる救済措置を講じると発表した。

航空便がないなどの理由で帰国が困難な実習生には30日間の在留許可を与える。更新も可能とする。これまで所属していた職場で同じ仕事をする場合に限り、就労も認める。  技能実習2~3号に移行するための検定が中止となり、受検できないまま在留期間が満了したり、技能実習を修了して特定技能への移行を希望したりする実習生に対しては、待機や手続き準備期間として4カ月間の在留を認める。

最新記事

すべて表示

組合員総会書面議決について

令和2年12月21日開催の協同組合トーコーネットワーク通常総会はコロナウイルス対策として、協同組合トーコーネットワーク定款第37条に基づき書面議決の方法をとることにいたしました。 書面議決につきましては、「組合概要」にあります決算報告書をご一読の上、書面議決書を組合宛ご返送ください。また、議案につきましては新規組合員加入などの動きもなく、コロナ収束など先行きの不透明感もあるため、事業計画は昨年度同

【ベトナム航空】ホーチミン便は年内運休

10月25日から12月31日までの運航路線はハノイ発成田行きのみで以下の便は引き続き運休となります。 (運急便) 成田発~ハノイ行き(片道)・羽田~ハノイ線(往復)・成田~ホーチミン/ダナン線(往復)・関西~ハノイ/ホーチミン/ダナン線(往復)・名古屋/福岡~ハノイ/ホーチミン線(往復)

web designed by DSRinc