ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)はこのほど、すべての国内線の運航を再開したことを明らかにした。


 5月29日の国内線運航便数は、旅客便と貨物便を合わせて約350便で、前年同期とほぼ同じだった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として適用されていた航空機の運航制限が解除された4月23日以降のHVNの輸送旅客数は50万人超に達している。


 HVNは5月中旬に国内線5路線を新たに就航したが、6月中にはさらに6路線の就航を計画している。


 これは、国内で新型コロナウイルス感染症が効率的に制圧されていることを受けての往来需要に応えるとともに、文化スポーツ観光省が展開する観光刺激プログラム「ベトナム人は国内旅行を」に従い、夏の繁忙期に向けて航空機利用を促すことを目的としている。

最新記事

すべて表示

ベトナム航空日本路線3/27まで運休継続

ベトナム航空(HVN/VN)は11路線ある日本路線について、2月27日から3月27日まで旅客便の運休を継続する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、両国間の往来が困難と判断した。貨物便としての運航は継続する。

組合員総会書面議決について

令和2年12月21日開催の協同組合トーコーネットワーク通常総会はコロナウイルス対策として、協同組合トーコーネットワーク定款第37条に基づき書面議決の方法をとることにいたしました。 書面議決につきましては、「組合概要」にあります決算報告書をご一読の上、書面議決書を組合宛ご返送ください。また、議案につきましては新規組合員加入などの動きもなく、コロナ収束など先行きの不透明感もあるため、事業計画は昨年度同

web designed by DSRinc