2017/06/07 日本経済新聞

厚生労働省は6日、ベトナムと技能実習生の受け入れ整備に関する協力覚書を交わしたと発表した。

実習生を送り出す機関、受け入れる機関双方に対する行政処分の情報などを提供しあう。送り出し機関による多額の保証金の徴収や、受け入れ機関の残業代の未払いなどが問題となっており、覚書を通じて働きやすい環境を整える。

厚労、法務、外務の3省がベトナム当局と取り交わした。日本では今秋、受け入れ機関に対する指導や監督の厳格化を盛り込んだ法律が施行予定で、覚書も発効する。ベトナムからの技能実習生は最も多く、昨年末時点で約8万8千人が滞在している。

最新記事

すべて表示

ベトナム航空日本路線3/27まで運休継続

ベトナム航空(HVN/VN)は11路線ある日本路線について、2月27日から3月27日まで旅客便の運休を継続する。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、両国間の往来が困難と判断した。貨物便としての運航は継続する。

組合員総会書面議決について

令和2年12月21日開催の協同組合トーコーネットワーク通常総会はコロナウイルス対策として、協同組合トーコーネットワーク定款第37条に基づき書面議決の方法をとることにいたしました。 書面議決につきましては、「組合概要」にあります決算報告書をご一読の上、書面議決書を組合宛ご返送ください。また、議案につきましては新規組合員加入などの動きもなく、コロナ収束など先行きの不透明感もあるため、事業計画は昨年度同