過積載車両の『首都圏大規模同時合同取締』を実施しました ~違反車両30台に対し指導警告等を実施~

過積載は、深刻な事故の原因となるとともに、道路を劣化させる主な原因となり、こうした違法車両の取締を強化することは重要です。 このため、本日、国土交通省、警察、高速道路株式会社等が合同で、首都圏に流入・通過する過積載車両を一斉に取り締まる合同取締を実施しました。 全18箇所で実施し、計測車両89台のうち、違反車両30台に対し、指導警告等を実施しました。

○実施日   平成30年11月9日(金)10:00~11:30 ○場  所   首都圏18箇所(詳細は別紙のとおり) ○取締結果  計測台数 89台            違反台数 30台            (道路法違反)            指導内容 指導警告 18台                   措置命令 12台

【措置命令を行った違反の具体例】  車両総重量の制限値25tに対し、37.8t(12.8t超過)  の車両に対し、道路管理者から違反者に対し措置命令書を発出し、  通行の中止及び積載物の軽減措置を命令

その他、道路運送車両法違反(不正改造等)の車両2台に対し、整備命令を発令 ※指導警告:違反の程度が軽微であり、措置を講ずる必要がないと認められる場合、指導警告を行うもの ※措置命令:積載物の軽減措置又は違反車両に高速道路外への排出措置を命ずるもの

最新記事

すべて表示

ベトナム航空すべての国内線の運航を再開

ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)はこのほど、すべての国内線の運航を再開したことを明らかにした。 5月29日の国内線運航便数は、旅客便と貨物便を合わせて約350便で、前年同期とほぼ同じだった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の一環として適用されていた航空機の運航制限が解除された4月23日以降のHVNの輸送旅客数は50万人超に達している。 HVNは5月中旬に国

ベトナム航空、ベトナム~日本路線の運休を5月末まで延長

ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により、4月30日までベトナム~日本路線の定期便を運休するとしていたが、世界的に状況の改善が見られないため、ベトナム~日本路線の全区間を5月31日まで引き続き運休することを決定した。

web designed by DSRinc