保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する1日の発表によると、62省・市で市中感染者1万4822人が新たに確認された。海外からの入国者13人も陽性となった。


ホーチミン市保健局は1日、12月20日から25日にかけてベトナムに入国した5人から新型コロナウイルスの変異株である「オミクロン株」の感染が確認されたと発表した。いずれも入国後の検査で陽性となり、ホーチミン市のパスツール研究所でウイルスのゲノム(DNAの遺伝情報)解析を行った結果、12月31日にオミクロン株が確認された。ただし、5人とも無症状でウイルス量も少なく、5~7日後には2回の検査で陰性となり、既に回復している。国内で確認されたオミクロン株の感染者は合わせて20人となった。


<感染者数>


 新規の市中感染者の内訳は、◇ハノイ市:1748人、◇南部メコンデルタ地方ビンロン省:1223人、◇東南部地方タイニン省:947人、◇南中部沿岸地方カインホア省:785人、◇東南部地方ビンフオック省:728人、◇ホーチミン市:569人、◇南部メコンデルタ地方チャビン省:563人、◇南中部沿岸地方ビンディン省:521人、◇南部メコンデルタ地方カマウ省:498人、◇南部メコンデルタ地方ドンタップ省:405人、◇南部メコンデルタ地方バクリエウ省:399人、◇北部紅河デルタ地方バクニン省:368人、◇北中部地方トゥアティエン・フエ省:350人、◇南中部沿岸地方フーイエン省:283人、◇南部メコンデルタ地方カントー市:276人、◇南部メコンデルタ地方アンザン省:265人、◇南中部高原地方ラムドン省:265人、◇東北部地方クアンニン省:254人、◇南部メコンデルタ地方キエンザン省:247人、◇北部紅河デルタ地方フンイエン省:245人、◇南中部沿岸地方ビントゥアン省:211人、◇北中部地方タインホア省:210人、◇東南部地方ドンナイ省:203人、◇南部メコンデルタ地方ティエンザン省:195人、◇南中部沿岸地方ダナン市:188人、◇南中部沿岸地方クアンナム省:181人、◇南部メコンデルタ地方ソクチャン省:180人、◇南部メコンデルタ地方ハウザン省:170人、◇南部メコンデルタ地方ベンチェ省:161人、◇南中部高原地方ザライ省:145人、◇南中部沿岸地方クアンガイ省:145人、◇北中部地方ゲアン省:143人、◇東北部地方ハザン省:143人、◇北部紅河デルタ地方ハイフォン市:116人、◇南中部高原地方ダクノン省:114人、◇東南部地方ビンズオン省:105人、◇東南部地方バリア・ブンタウ省:104人、◇北部紅河デルタ地方ビンフック省:96人、◇北部紅河デルタ地方ナムディン省:93人、◇北部紅河デルタ地方ハナム省:88人、◇北部紅河デルタ地方ニンビン省:72人、◇東北部地方バクザン省:69人、◇西北部地方ソンラ省:67人、◇西北部地方ホアビン省:62人、◇南中部沿岸地方ニントゥアン省:61人、◇東北部地方タイグエン省:58人、◇東北部地方フート省:55人、◇南部メコンデルタ地方ロンアン省:51人、◇北中部地方クアンビン省:51人、◇北中部地方クアンチ省:47人、◇南中部高原地ダクラク省:40人、◇北部紅河デルタ地方タイビン省:37人、◇南中部高原地方コントゥム省:36人、◇西北部地方ラオカイ省:31人、◇東北部地方ランソン省:30人、◇西北部地方ディエンビエン省:29人、◇西北部地方カオバン省:26人、◇東北部地方バクカン省:25人、◇西北部地方イエンバイ省:18人、◇東北部地方トゥエンクアン省:11人、◇北中部地方ハティン省:8人、◇西北部地方ライチャウ省:8人。


 市中感染者のうち9628人は、隔離区域や封鎖区域の外で感染が確認された。


 1日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は174万6092人となっている。


<死者数>


 新型コロナによる死者は前日比+216人増の累計3万2610人、第4波では3万2575人となった。


 216人は、◇ホーチミン市(33人)、◇東南部地方ドンナイ省(26人)、◇南部メコンデルタ地方ビンロン省(16人)、◇東南部地方バリア・ブンタウ省(15人)、◇南部メコンデルタ地方ベンチェ省(14人)、◇南部メコンデルタ地方カントー市(14人)、◇南部メコンデルタ地方キエンザン省(13人)、◇南部メコンデルタ地方ソクチャン省(12人)、◇南部メコンデルタ地方ドンタップ省(12人)、◇東南部地方タイニン省(11人)、◇南部メコンデルタ地方アンザン省(10人)、◇南部メコンデルタ地方ティエンザン省(9人)、◇東南部地方ビンズオン省(7人)、◇南部メコンデルタ地方チャビン省(5人)、◇南部メコンデルタ地方カマウ省(5人)、◇南中部沿岸地方ビントゥアン省(3人)、◇南中部沿岸地方ビンディン省(2人)、◇南中部沿岸地方カインホア省(2人)、◇東南部地方ビンフオック省(2人)、◇南部メコンデルタ地方ロンアン省(2人)、◇南部メコンデルタ地方バクリエウ省(2人)、◇南中部沿岸地方ダナン市(1人)の22省・市で死亡が確認された。


<ワクチン接種状況>


 ベトナム国内の新型コロナウイルスワクチンの接種状況について、12月31日は全国で125万4064回分を接種した。同日までの全国の累計接種回数は1億5220万1656回分となり、このうち1回目が7766万5634回分、2回目が6882万0229回分、3回目が571万5793回分となっている。


<入国者に対する規制>


 ベトナムへの入国者に対する規制について、2022年1月1日から、ワクチンを接種済み、または感染後に回復した入国者には、自宅や宿泊施設での3日間の自宅隔離を適用し、集中隔離は不要となる。ワクチン未接種、または接種が終わっていない入国者には7日間の自宅隔離を適用する。


 また、ワクチンを接種済みで14日未満の短期滞在でベトナムに入国する場合は、12月24日以降隔離が不要となっている。


https://www.viet-jo.com/news/social/220101230523.html

最新記事

すべて表示

JALは現在、成田~ハノイ線を毎日運航しているが、7月1日(金)より羽田~ホーチミン線と成田~ホーチミン線も毎日運航とする。 JALが運航する日本~ベトナム路線の最新スケジュール(4月22日時点)は以下の通り。 <成田~ハノイ線(JL751/JL752)> ◇JL751(成田発): ~7月31日(日):毎日運航 ◇JL752(ハノイ発): ~7月31日(日):毎日運航 <羽田~ホーチミン線(JL0